内臓脂肪 サプリメント

内臓脂肪を落とすサプリメント決定版

内臓脂肪は内臓の位置の維持、衝撃から守る、などの役割があるなくてはならない脂肪ですが、多いと将来の健康リスクを高める要因となります。内臓脂肪の量を適度に保つために、食生活の見直し、適度な運動に加え、サプリメントにより改善を目指しましょう。

 

内臓脂肪を減らす成分として
  • 葛の花由来イソフラボン
  • DHA・EPA
  • ブラックジンジャー

 

などが効果的とされています。どちらも毎日の食事だと継続的な摂取が難しい栄養のため、サプリメントを取り入れ、上手に対策していきましょう。当サイトは葛の花由来イソフラボン・DHA&EPAなどを配合したサプリメントを紹介しています。どうぞ参考にしてください。

 

シボヘールの特徴

シボヘールは、内臓脂肪・皮下脂肪を減らす作用のある葛の花サプリメントになります。肥満気味の人97名対象にした試験の結果、平均-20?を記録しました。葛の花由来のイソフラボンは、内臓脂肪・皮下脂肪などのお腹の脂肪を減らす作用があり、シボヘールは機能性表示食品となっています。内臓脂肪が気になる方、肥満解消したい方、などにおすすめです。

価格 980円
評価 評価5
備考 葛の花由来イソフラボン
シボヘールの口コミ

40代男性
飲み始めてすぐに、お腹周りがスッキリし始めました。お値段もお手頃だし、これなら続けやすいです。どこまでスッキリできるか?もう少し続けてみます。

30代女性
慢性的に便秘なので、どうしても下腹部が重たい状態が続いていました。しかし、シボヘールを飲み始めてからは毎日快調!下腹辺りの重たい感じやポッコリ感も解消されました。飲み続けて、スッキリ感を維持したいです!

 

生漢煎 防風通聖散の特徴

生漢煎 防風通聖散は、名前の通り防風通聖散を配合した脂肪を減らす漢方になります。脂肪の燃焼・分解・排出などを促進する防風通聖散を満量処方にて含有しています。また、18種類の生薬が含まれるから、脂肪を落とす以外にもむくみや便秘などにもアプローチします。ぽっこりお腹、肥満が気になる方におすすめです。

価格 3900円
評価 評価4
備考 防風通聖散
生漢煎 防風通聖散の口コミ

20代女性
漢方の生薬の力がギュッと詰まっている感じがしますね。確かに飲みにくい味ですが、その分効果は絶大です。一気に体重が落ちました!

40代女性
飲み始めて10日で3kg落ちました。漢方だから効き目ゆっくりかなと思っていましたが、こんなに早いのはビックリです!これからも期待して飲み続けたいと思います。

 

きなりの特徴

血行を促進させ代謝をアップに繋がるDHA・EPAを高含有したサプリメント「きなり」。1日あたり500mg配合しています。これは厚生省が発表している目安摂取量の半分をカバーする量であり、きなりだけで手軽にサラサラ成分を補給できます。さらに吸収力を高めるクリルオイル、酸化を防ぐアスタキサンチンなどサポート成分も充実配合しています。

価格 1980円
評価 評価4
備考 DHA・EPA高配合
きなりの口コミ

DHA・EPAと聞くと健康よりなイメージがありますが、代謝を上げ燃焼力を高めるという点においてダイエットにも効果的な成分です。当サイトから特別価格で購入できる上、満足できなかった場合は返金対応もしてくれます!

50代男性
健康診断で生活習慣病予備軍だと指摘を受けました。DHA・EPA・ナットウキナーゼが多いということでこちらを選択。コレステロール値が下がって来たようで、満足しています。

30代女性
飲み始めてすぐ、体がポカポカして、血行が良くなっていくのを感じました。これは、ダイエット成功への大きな一歩だと期待しています!また、髪のツヤが明らかに良くなってくるなど、嬉しい変化もありました。

 

まだある!市販(ドラッグストア、スーパーなど)やネット人気の内臓脂肪サプリは何がある?

 

 

DHC

 

毎日のビタミン補給から各種目的に応じて、様々なサプリメントを開発・販売しているDHC。もちろん、本格的なダイエットを応援するサプリメントも多数販売されています。

 

特に内臓脂肪に有効なのは、フォースコリーとα-リポ酸です。代謝を上げることで、内臓脂肪の低下に大きく役立つ成分が配合されたサプリメントとなっています。

 

ファンケル

 

DHCと人気を二分する大手企業のファンケル。カロリミットシリーズやパーフェクトスリムシリーズなど、定評のあるサプリメントが販売されています。体内での吸収率や源氏量にこだわって製造されています。

 

ライオン(ラクトフェリン)

 

ラクトフェリンとは、母乳に含まれている多機能たんぱく質のこと。この成分が、内臓脂肪面積を低減させることが確認されています。その効果の高さから、機能性表示食品としての届け出がなされている製品ともなっています。

 

売れてる内臓脂肪サプリはこちら

 

海外の内臓脂肪サプリの効果は?

 

 

即効性を期待して、海外のサプリメントを選択される方も多いようです。特に、ダイエット大国でもあるアメリカの製品は、世界中で人気を博しています。

 

多くの人に支持されるには、きっと理由があるはず!…しかし、一方では副作用も心配されます。本当のところどうなの?を調べてみました。

 

ゼニカル

 

世界最大手とも呼び声の高い製薬会社のロシュ社が製造・販売している製品です。本来は処方薬であり、日本でもBMIが30以上の人のための治療薬として用いられています。個人でも購入することができ、3ヶ月ほどで減量の効果が見られるとあって人気の製品です。

 

しかし、その効果の大きさから副作用も大きく出てしまう傾向にあるようです。下痢が止まらなくなり、中には、便意がないにも関わらず下着を汚してしまうということも多く報告されているようです。

 

更に、脂肪を除去するというゼニカルの特質上、ビタミンAやβカロテンといった脂溶性のビタミンが慢性的に不足しやすくなります。せっかく内臓脂肪を減らせても、必要な栄養まで一緒に奪われてしまうとあっては、何のためのダイエットかわからなくなってしまいそうです。

 

オルリファスト

 

ゼニカルの後発品として製造・販売されている製品で、コスパが良いと大評判です。主成分であるオーリスタットが、油分を体外へ排出する効果が確認されており、「溜めない身体」をつくることに役立ちます。

 

しかし、こちらもゼニカル同様、副作用は大きなものがあります。便失禁の症状に始まり、肝機能や腎機能などに障害が出る場合もあるようです。購入方法が個人での輸入しかないということを鑑みても、自己責任での服用と言うことになりそうです。

 

リポドリン

 

アメリカでダントツの人気を誇るサプリメントです。常に満腹感があり、食べる量が格段に減るとあってダイエットに有効とされています。

 

ただ、「満腹感」を感じるものの、本当に満腹になることはないため、必要な栄養や酸素が身体中に行きわたらなくなります。疲労感や倦怠感を感じやすくなる他、睡眠や体温が不安定になるなど、体調面で様々な支障をきたすこととなるのです。

 

確かに、楽して痩せることができるサプリメントではあるようです。しかし、使い方を誤ると、身体を壊す危険性を大いにはらんでいるものだとは覚えておいた方が良いでしょう。

 

国産の機能性表示食品!内臓脂肪サプリはこちら

 

そもそも内臓脂肪ってなに?

 

 

一口に脂肪といってもいろいろあるなかで、代表的な種類の一つに内臓脂肪があります。これは一体どういったものなのでしょうか。ここでは、内臓脂肪とはなにかをわかりやすく解説しています。

 

内臓脂肪の役割

 

内臓脂肪とは、腹筋の内壁に存在する腹腔の中についている脂肪のことをいいます。体のなかに適度についていることにより、内臓を正常な位置に保つ役割を担っています。また、内臓を衝撃から保護するクッションとしてのはたらきもしているのです。

 

内臓脂肪を過度に蓄えるとどうなる?

 

内臓の位置を正常に維持したり、衝撃から守る役割を果たしてくれる内臓脂肪ですが、溜め込み過ぎると生活習慣病のリスクを増大させることになるのです。

 

内臓脂肪は血液中の溶け出しやすく、血中の脂肪が多くなることにより高脂血症の引き金になりかねません。そのほか、内臓脂肪により血液の粘度が高まればコレステロールが血管壁に溜め込まれ、動脈が硬くなり通り道が狭窄します。これを動脈硬化といいますが、動脈硬化により血液を高める物質がつくり出されることから高血圧症の誘因にもなります。

 

また、内臓脂肪はインスリン作用を阻害し糖尿病の原因になるほか、血栓が形成されやすくもなるため心筋梗塞や脳梗塞を引き起こすことにもなりかねません。

 

内臓脂肪を溜め込みやすい人

 

食生活の乱れ、ダイエットによるリバウンド、スポーツをやめていまは体を動かしていない人は内臓脂肪が蓄積しやすくなっています。また、性別としては男性はホルモンの都合上、内臓脂肪が溜め込まれやすいため注意が必要です。

 

内臓脂肪が溜まると何が悪いのか

 

 

内臓脂肪が必要以上についていると健康にとってよろしくないといわれていますが、それはどうしてなのでしょうか。ここでは、内臓脂肪がつき過ぎることによって起こり得る問題などについて取り上げていきますので、興味のある人は一読してみてください。

 

糖尿病や動脈硬化の発症リスクを上げる

 

内臓脂肪は複数の生理活性物質を出していますが、そのなかに体に悪影響を及ぼすものが含まれているのです。

 

TNF-αと呼ばれる物質が産生されることによりインスリンの作用を阻害し、血糖値を高めて糖尿病の発症や悪化につながるほか、PAI-1と呼ばれる物質が分泌されることで血栓が形成されやすくなり、動脈硬化の発生や悪化を助長してしまいます。

 

そのほか、アンジオテンシノーゲンと呼ばれる物質も内臓脂肪によって分泌されますが、これは血圧上昇を招くリスクが増大し、高血圧症の発症や悪化になりかねません。

 

さまざまな生活習慣病の原因となる物質を多く分泌することから、内臓脂肪のつき過ぎはよくないと警鐘が鳴らされているのです。

 

内臓脂肪は悪さをするだけではない

 

内臓脂肪から分泌される生理活性物質の全てが、体に悪さをするわけではありません。たとえば、アディポネクチンといって血圧の低下、中性脂肪の減少、さらには動脈硬化予防に効果的な物質を分泌します。

 

そのほか、レプチンと呼ばれる物質も分泌され、これは食欲を効果的に抑えてくれるという作用をもたらしてくれます。過度な内臓脂肪はよくありませんが、少ない分には問題ないということがこれでわかるでしょう。

 

内臓脂肪の落とすために心がけたい食事内容

 

 

健康診断で体脂肪や内臓脂肪の数値が高いと診断されたら凹みますよね。これは中高年の働き盛りのお父さんにとっては、とても深刻な問題です。

 

内臓脂肪は血流のいい内臓周辺につき、お腹回りの消化器系だけとは限らず心臓や循環器系にもつくので、放っておくと高血圧や糖尿病はもちろん心筋梗塞や狭心症などの恐れもあります。

 

内臓脂肪は皮下脂肪よりも簡単に落とせるのですが、生活習慣の影響を受けやすいのでカロリー過多や運動不足などですぐに蓄積されます。そこで内臓脂肪改善には食生活の見直しが重要になってきます。内臓脂肪を減らすのに効果的な食生活をお教えしましょう。

 

オメガ3脂肪酸を摂る

 

脂肪酸を摂ることは良くなさそうですが、オメガ3系と呼ばれる青魚に含まれるDHA・EPA・良質なエゴマ油・アマニ油などは適度に摂取する事で代謝が良くなり脂肪燃焼の効果があります。ただ酸化しやすいので魚は新鮮なものを食べ、油はサラダやドレッシングなどそのまま使ってもらうのがいいでしょう。

 

血液もサラサラにする効果もあるので、コレステロール値を下げたり生活習慣病の予防にも役立ちます。腸の動きも活発になるので便秘が解消されお腹回りもスッキリするでしょう。

 

食物繊維を摂る

 

野菜全般に食物繊維が豊富に含まれています。余分な脂肪の吸収を抑え、野菜そのものの栄養素が内臓脂肪を減らすサポートをしてくれます。

 

他にも海藻類やきのこ類にも食物繊維がたくさん含まれているので、積極的に摂りたいですね。その際に油を使って調理してしまうと効果が半減してしまうので、出来るだけ薄味に仕上げ煮たり蒸したりすることをおすすめします。

 

食事方法やコツ

 

・よく噛んでゆっくり食べる
・腹八分目で終わる
・1日3食しっかり食べる
・遅い時間の食事は控える
・間食は控える
・アルコールも適度な量で

 

特に早食いは満腹を感じる前に食べ終わってしまい物足りなさを感じついつい食べ過ぎてしまいます。食材を大きく切ることで噛みごたえも感じ、ゆっくり食べることが出来るでしょう。

 

内臓脂肪ダイエットに効果的な運動とは?

 

 

食生活の改善と同じくらい内臓脂肪を減らすのに効果的なのが運動です。運動といっても…

 

無酸素運動→筋肉のエネルギーを使う
脂肪を燃やしやすい体質に変える

 

有酸素運動→脂肪などのエネルギーを使う
脂肪そのものを燃やす

 

と運動の種類によって使う部分・目的が違ってきます。

 

日頃運動不足の人は筋肉の量も減って基礎代謝が落ちてきます。基礎代謝が減ってくるとエネルギーが減り脂肪を蓄えようとしてしまいます。筋肉の量が多いと基礎代謝も増え、痩せやすい体質になります。筋トレをすることで筋肉はつきますが脂肪を燃焼させる効果はありません。

 

しかし、ついた筋肉で基礎代謝が上がるので、有酸素運動をして脂肪燃焼しやすい体に近づけます。有酸素運動は30分以上することで効果が発揮するとも言われていますが5分や10分でも毎日続けてすることで、何もしないよりも脂肪の燃焼に働きかけます。

 

特に有効とされる有酸素運動は…

 

・ジョギング
・水泳
・ウォーキング
・サイクリング

 

室内でも出来る有酸素運動は…

 

・ラジオ体操
・ヨガ
・ストレッチ
・スクワット
・ピラティス

 

こうしてみてみると決してストイックに自分を追い込むような運動ではなく自分のペースを見つけながらゆったりマイペースに出来る運動が多いですね。通勤時に一駅前で降りて歩いてみる、エレベーターやエスカレーターではなく階段を使う、全身を使って掃除するなどのちょっとした意識だけでも効果は表れます

 

3日坊主ではなく長い期間継続することがとても大事なので、自分の生活スタイルに合わせて無理のない方法を見つけられると、気づけばお腹回りがスッキリしているかもしれませんね。

更新履歴