内臓脂肪と病気の関係

内臓脂肪と病気の関係

内臓脂肪は病気と関わりがあるということをご存知でしょうか。ここでは内臓脂肪と病気についてわかりやすく説明していますので、参考情報としてお役立てください。

 

高脂血症

 

過度に内臓脂肪がついてしまい、血液のなかに含まれる脂肪の量が多くなることで引き起こされます。

 

糖尿病

 

TNF-αと呼ばれる生理活性物質が内臓脂肪により分泌されて、インスリンの作用が低下することで発症するリスクが増大します。

 

脳梗塞・心筋梗塞

 

PAI-1という生理活性物質が内臓脂肪により産生されて、血液のかたまりである血栓が形成されることにより引き起こされるリスクが増大するのです。

 

動脈硬化

 

粘度の高いいわゆるドロドロ血液が原因で血管壁にコレステロールが溜め込まれること、血管の平滑筋が増殖することによって発症する可能性が高まります。

 

また、脳梗塞や心筋梗塞と同様、PAI-1と呼ばれる生理活性物質が内臓脂肪から分泌されて、血栓が形成され、悪化することにつながります。

 

高血圧

 

アンジオテンシノーゲンと呼ばれる物質が内臓脂肪により分泌されて、血圧が上昇することにより引き起こされます。

 

生活習慣病予防物質の減少

 

内臓脂肪が過度に増加すると、食欲抑制作用のあるレプチンや血圧や中性脂肪低下、損傷した血管修復作用をもたらすアディポネクチンが減少してしまいます。

 

そのため、内臓脂肪が溜め込まれること自体が生活習慣病の原因になるほか、防止のために必要な物質を減少させてしまい、リスクの増大に拍車をかけることになってしまっているのです。

 

このように内臓脂肪は増えたまま放っておくと生活習慣病のリスクを高める羽目になってしまいます。そのため、内臓脂肪を落とすサプリやドリンクなど毎日の生活習慣の改善だけでは補えないものを利用しながら対策していくことをおすすめします。