内臓脂肪と皮下脂肪の相違点

内臓脂肪と皮下脂肪の相違点

同じ脂肪に分類されている内臓脂肪と皮下脂肪。この2種類の脂肪にはどういった違いがあるのでしょうか。

 

ここでは内臓脂肪と皮下脂肪の違いについて取り上げますので、興味のある人は一読してみてください。

 

内臓脂肪の特徴

 

内臓脂肪はCT画像を確認するとわかるとおり、腹筋の内側に分布している脂肪のことをいいます。腹腔のなかや内臓のまわりについているのが内臓脂肪なのです。

 

つきやすいのは基本的に男性ですが、閉経を迎えたあとの女性もホルモンバランスが変わるため、つきやすくなるといわれています。

 

また、過度に溜め込まれてしまった場合には、さまざまな生活習慣病の発症リスクを増大させたり、悪化させたりする原因になります。

 

なお、内臓脂肪や食事のコントロール運動で燃焼しやすいのですが、脂肪細胞が増加すると多少燃焼させるのが難しくなるのが特徴です。

 

皮下脂肪の特徴

 

CTで確認した場合、腹筋の外側に分布しているのが皮下脂肪です。名称のとおり皮下につく脂肪であり、とりわけヒップや太もも部分につきやすいのが特徴です。

 

男性と比較すると女性につきやすいとされていますが、子供にもつきやすいでしょう。

 

また、過度に皮下脂肪が蓄積した状態になると、女性の場合は月経異常、男女問わず関節痛や睡眠時無呼吸症候群といったトラブルを引き起こす可能性が高まります。なお、皮下脂肪は燃えにくいの性質があり、いったんつくと落とすのが難しいといわれています。