内臓脂肪と飲酒・アルコール

内臓脂肪と飲酒・アルコール

 

お酒を好んで飲んでいる人にとって耳の痛い話になるかもしれませんが、アルコールと内臓脂肪には密接な関わりがあります。

 

ここではアルコールが内臓脂肪にどういう影響を及ぼすのか、そして内臓脂肪が蓄積しているかどうか確かめる方法を解説しています。

 

飲酒・アルコールと内臓脂肪の関係

 

結論からいいますと、お酒を飲んでアルコールを摂取していると、内臓脂肪が溜め込まれやすくなります。ただし、適量の範囲内にとどめているという人であれば、さほど気にする必要はありません。日頃から適量を超えていたり、ついつい飲み過ぎることが多いという人は要注意です。

 

アルコールを摂取すると肝臓は分解するためにはたらきますが、アルコールの分解で手一杯になってしまい、お酒とは別に摂った食べ物や飲み物の代謝がおこなわれなくなるのです。

 

こうして放置されてしまった食べ物や飲み物は、そのまま内臓脂肪として溜め込まれてしまうリスクが増大します。また、お酒には糖分を多く含まれているものがありますが、これが脂肪に変わることで、内臓脂肪として蓄えられることもあります。

 

飲酒・アルコールによる内臓脂肪の見極め方

 

お酒を飲んでいる人のなかには、いわゆるビール腹になっている人がいます。皮下脂肪も多く全体的に肥満な人だけでなく、ほかの部位は太っていないのに、お腹だけ出ている人がいるのです。

 

こうした人の場合、飲酒によって内臓脂肪が溜め込まれてしまっている可能性があるため、注意しなくてはいけません。年齢を重ねてもお酒を美味しく楽しむために内臓脂肪に効くサプリメントを利用してみてはいかがでしょうか。