内臓脂肪の薬

内臓脂肪の薬

 

内臓脂肪の基本的な治療方法は、食事療法運動療法です。食事で摂取カロリーを抑制しながら、運動で消費カロリーを多くし、内臓脂肪を落とすことを目指します。

 

こうした内臓脂肪の治療方法に関し、薬による治療方法はないものかと疑問に感じている人もいることでしょう。ここでは、内臓脂肪の薬に関する話題を取り上げていきます。

 

内臓脂肪を落とす薬なら

 

種類は限られますが、代表的なものとしては第2類医薬品に分類されているものがあり、市販されています。ネット通販でも購入可能ですので、対策をしたい人は買ってみてもよいでしょう。

 

医薬品の中でも漢方の防風通聖散が効果があります。防風通聖散は、様々な生薬からエキスを抽出し、乾燥させて薬に閉じ込められた形になっています。代謝を促進し脂肪を燃焼する作用があります。内臓脂肪以外にも、便秘やむくみなどの解消にも効果を発揮します。

 

飲みにくくて困るといったことはないでしょう。なお、飲めば飲むほど効果が出るというものではありませんので、過剰摂取はしないでください。用法容量を守って正しく服用すれば、体への負担も少なく健康に影響が出ることもありません。

 

内臓脂肪の薬ランキング

生漢煎 防風通聖散の特徴

本気で内臓脂肪を落としたい人におすすめの漢方薬。脂肪を落とす18種の生薬成分をギュッと凝縮して、飲みやすく仕上げています。満量処方の確かな効き目で、お腹周りの余分な脂肪を分解・燃焼・排出の促進まで。1日3回、1回1包。約1週間で便通が改善、約1ヶ月で肥満症やむくみの効果を実感し始めます。通常7,800円のところ、初回限定3,900円での購入が可能です。継続するなら、お得な定期コースもあります。第2類医薬品。

価格 3900円
評価 評価5
備考 防風通聖散 満量処方4500mg

 

ナイシトールGの特徴

お腹周りの脂肪が気になる人への漢方薬です。中高年がいちばん気になる太鼓腹の解消に、防風通聖散が効果を発揮。18種の生薬がお互いの作用を補って、じっくり内側から働きかけます。1日3回、1回4錠。約1週間で便通が改善、約1ヶ月で肥満症の効果を感じ始めます。336錠入り(4週間分)5,200円のほか、168錠(2週間分)2,800円、84錠(1週間分)1,450円の3タイプ。第2類医薬品。

価格 5460円
評価 評価5
備考

 

シボヘールの特徴

お腹の脂肪が気になる人へのサプリメントになります。葛の花由来のイソフラボンが、肥満気味な人のお腹まわりの脂肪にチカラを発揮します。1日めやす4粒。臨床試験では12週間の摂取で、お腹周りの脂肪減少の効果が認められました。通常3,218円のところ、WEB限定で初回価格980円での購入が可能。継続に便利な、らくらく定期便もあります。機能性表示食品。

価格 980円
評価 評価5
備考 機能性表示食品

 

薬を飲んでいれば大丈夫?

 

内臓脂肪に効果が期待できる薬を使用していたとしても、内臓脂肪が溜め込まれる原因をつくっていると意味がありません。

 

食事量が多いままだったり、体を動かすことがまったくなかったりすると、薬の効果が出ないか、依然として内臓脂肪の蓄積は進んでしまうことでしょう。

 

せめて食べ過ぎないことを習慣化したり、少しでも毎日体を動かすなどして、薬の効果の妨げになるようなことをしないのが大事です。