内臓脂肪の運動療法

内臓脂肪の運動療法

 

生活習慣病を未然に防ぐためには、内臓脂肪を落とすことが大切です。このままではまずいと思っている人は、運動療法をおこなうことによって、内臓脂肪を落としましょう。

 

内臓脂肪の性質

 

脂肪と一口にいっても複数あり、内臓脂肪のほかには皮下脂肪が挙げられます。皮下脂肪は燃焼しにくいのが特徴ですが、内臓脂肪は逆に燃焼しやすい性質を持っているのです。

 

内臓脂肪は代謝が盛んなため、運動を行うことにより比較的落としやすいということができます。落としやすいといわれると、やる気にもなれるというものではないでしょうか。

 

内臓脂肪を落とす運動のやり方

 

効果的に内臓脂肪を落とすには、なにも特別な運動をしなくてはいけないというわけではありません。無理なく適度なレベルの運動を、1週間に3回程度、1日1時間を目安に行うと良いでしょう。最初は辛いと感じる人は、できる範囲から少しずつ頻度や時間を長くしていけば大丈夫です。

 

おすすめは有酸素運動

 

方法としては有酸素運動がおすすめで、ウォーキングがすぐにはじめられ手軽です。

 

車で向かっていたスーパーマーケットやコンビニエンスストアに、ウォーキングをしながら行くというだけでもだいぶ違います。慣れてきたら、同じ有酸素運動でもジョギングなど、より運動らしいものにしても構いません。

 

なお、なかには膝が悪いなど、ウォーキングなどをおこなうのが難しいという人もいるのではないでしょうか。そういった人は水中ウォーキングや水泳といった具合に、負担の軽い運動方法をおこなうとよいでしょう。

 

また、運動と併せて、内臓脂肪を燃やす手助けとなる成分を含んだサプリメントの補給も効果的な対策といえます。